2016年12月13日

特別企画(家庭用ゲーム)その1☆『ChuShingura-忠臣蔵46+1- V』聖地巡礼のススメ

おにいさんの愛する第二のふるさと『兵庫県赤穂市』、同じく愛するゲーム『ChuShingura-忠臣蔵46+1- V』の聖地となっておりますが、一応観光地(?)なのに最近は観光客が減りつつあるとの情報を小耳に挟みましたので、何とか盛り上げていけないかと思い、当ブログを通じてゲーム好きの方にアピールするべく筆を取らせて頂きましたっ!
記事はPCで作成しておりますので筆を取るというのもおかしな話ですが、それはさておき明日は赤穂最大のイベント『義士祭』が開催されるという事もあり、聖地巡礼するなら今がチャンス!という訳で駅から近いスポットを中心に廻りやすい範囲でまとめてみました。
今は寒いのでレンタサイクルをオススメしますが、気候の良い時期なら徒歩でも充分廻れちゃいます!
前置きはこの位にして、ChuShinguraの世界にlet's goでございますよっ(σ・∀・)σ

☆JR播州赤穂駅☆
スタート地点はやはりここ!
ゲーム中に出てきているのは駅の改札前と構内の階段、駅前のタクシー乗り場ですねっ(〃▽〃)
観光案内所もありますので巡礼をする上で分からない事はここで聞けば良いと思います('◇')ゞ
ついでに市のゆるキャラ『陣たくん』のグッズもゲットして頂きたいッヽ(*`Д´)ノ
みかんじゃないよ!太鼓だよ!山鹿流の陣太鼓でございますよッ(ノ`△´)ノ

☆息継ぎ井戸☆
こちらもどどん!とゲームに出て来ておりますねっ(=゜ω゜)
ゲーム中では早水藤左衛門と萱野三平の二人が江戸から超!大急ぎで赤穂に帰って来たシーンで登場しております!

☆義士あんどん☆
息継ぎ井戸と一緒にゲーム内の背景になっている時計であります!
ゲーム中では時計の蓋が閉まっておりますが、一時間おきにからくり人形が登場して討ち入りの様子を再現してくれます♪

☆花岳寺☆
浅野家ゆかりのお寺で赤穂義士ともとても関係の深い場所です♪
資料館もありますので、そちらも要チェック!
大変神聖な場所でもありますので、静かに見学して下さいねっ('◇')ゞ

☆大石神社☆
史実の赤穂義士、Chushingura46+1の赤穂義士、どちらを語る上でも欠かせない、超!重要スポットでございますっ(≧ω≦)b
47人の義士の石像は大迫力ですよッε=ヾ(*~▽~)ノ

☆大石邸長屋門☆
大石神社に来たらこちらもチェック!
ゲーム中に何度も見たあの門でございますっ(*⌒▽⌒*)
お庭もとってもキレイで、ご城代や主税がすぐそこにいるかの様な気分にさせてくれますよ(*^.^*)

☆義士資料館☆
ご城代達が使っていた武具や道具がズラリ!
ゲーム中に登場したあの刀もバッチリ収蔵されておりますよっ(☆▽☆ )

☆生島☆
最後の最後、エンディングで赤穂から見える島って多分ここじゃないでしょうか?
おにいさんの思い込みかもしれませんが、何だかんだでここ位しか思いつかないんですよね。
生島が見える海辺の道は景色がとても綺麗なので、是非明るい時間帯に通って頂きたいッ!駅から徒歩だとキツいので、出来れば自転車でどうぞっ(`・ω・´)
少し足を伸ばせば市場もありまして、大体いつ行っても何でも美味しいのですが、冬から春にかけての牡蠣が最高に美味なのですよっ(*≧m≦*)

☆赤穂城跡☆
ゲーム中ではお城を明け渡す場面などで出てきていますね!
忠臣蔵ウィーク中の夜はライトアップされて幻想的な雰囲気に、普段もライトでほんのり光っております。
聖地巡礼の締めにいかがでしょうか?

晩は駅前以外は少し暗い為、朝から夕方位までに回りきるのがオススメ、ChuShinguraの聖地はどこも駅からそんなに離れていませんのであまり時間を掛けずに廻る事が出来ますよ('◇')
今回紹介させて頂いた場所だけなら半日位で廻れるかと思いますので、近場の方なら日帰りでも十分な位かもしれません。
また義士祭のシーズンを含め冬場は海が近いせいかかなり冷えますのでコートはウールやフリースよりダウンなどの方が良さそうです。
手袋やマフラーも忘れずに!稀に雪が降ることもありますので申し訳ないが細いヒールや滑る靴はNG(`・ω・´)

田舎と言えば田舎なのですがお店は意外に沢山あり、食べることにも買い物にも困りませんのでいきなり来て頂いても全然OK!
また、観光地につき物のお土産もズドン!と揃っており、定番の塩味饅頭が美味しいです♪
餡が苦手な方には塩ラスクを超!オススメしちゃいますよっ( ^▽^)σ)~O~)

『ChuShingura-忠臣蔵46+1- V』にハマった方も、史実の忠臣蔵がお好きな方も、はたまた海産物を買いたい方も、是非是非ッ!赤穂にいらっしゃいよッヾ(^▽^)ノ
posted by きいろいおにいさん at 00:00| 特別企画(家庭用ゲーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする