2019年01月14日

プラチナさん150個目☆√Letter Last Ansewer(PS4)

島根県は松江市を舞台にした旅情ミステリー風味のアドベンチャーゲームです♪
本作は2016年の6月に発売されたリメイク版にあたり、システム面の大幅な改善に加え、追加のシナリオとまさかの実写モードがプラスされた、所謂“完全版”的な作品となっております('◇')ゞ☆☆☆
今からプレイするなら勿論!本作がオススメですが、リメイク元の『√Letter』も攻略方法が一緒な上、両機種分のトロフィーさんが揃いますので、スキップを使用するなどしてトロフィーさんを回収するのも良いですね〜〜〜!!!!!(*≧m≦*)!!!!!
『√Letter』と『√Letter Last Ansewer』の二機種分のプラチナさん、計四個がトロフィーリストに連続して並ぶ様は壮観でしょうなァ♪♪♪ヽ(^^)

さて!さてさて!ここで本作を攻略するにあたって大変!分かりやすく、活用しやすい、素晴らしい攻略記事をご紹介させて頂きますよッッッッッッッ(σ・∀・)σ☆☆☆

一周目攻略チャート|√Letter Last Answer(ルートレターLA)

エンディング5ルート攻略チャート|√Letter Last Answer(ルートレター ラストアンサー)

追加シナリオ攻略メモ|√Letter Last Answer(ルートレター ラストアンサー)

きいろいおにいさんの親愛なるブラザー、BitGamers!の管理人であるToyophara氏が作成された完璧なチャートを参考にプレイすれば、プラチナさん一直線間違いなし!今回、トロフィー記事を作成するにあたって攻略記事へのリンクを快諾してくれたToyophara氏に敬礼!本当に!本当に!ありがとうだよ〜〜〜〜〜〜〜ッッッッッッッ
!!!!!(〃▽〃)!!!!!
こちらでご紹介させて頂きましたチャートは恐らく最短のルートを通っているかと思われますので、大変!スムーズかつ快適に攻略出来るかと思われますゾっ!みんなで行こう!神・在・庵ッッッッッッッ☆☆☆(-_☆)

フニャフニャ♪ブラブラ♪と松江〜出雲を観光する事が最高に楽しかった本作、おにいさんは一周目をドラマモードで、二周目以降をオリジナルモードでプレイ致しましたゾっっっっっっっ(σ・∀・)σ☆☆☆
やはり箕星太郎氏のイラストは最高ですワァ!制作が予定されている続編でも、是非!是非是非!続投をお願いしたいところでありま〜〜〜〜〜すッッッッッッッ!!!!!(*´д`*)!!!!!
ちなみに!ドラマモードでプレイすると背景も実写になりますので、実際に島根で観光をしている気分になれちゃいますヨ!ラララ♪小雲堂ッッッッッッッ(~▽~@)♪♪♪

気になるドラマモードですが、メインキャラクターとなるかつてのクラスメイト達からサブキャラクター、通行人に至るまで、全ての登場人物を実写化するという気合いの入りっぷりに、おにいさん!びっくり!超☆びっくり!!!!!(゜Д゜;≡;゜Д゜)!!!!!
特にガリとビッチの再現度の高さに驚き!桃の木!ユ・グ・ド・ラ・シ・ル!でございますッッッッッッッ!!!!!(*´д`*)!!!!!
全てのキャラクターを実写化してもあまり違和感を感じさせないのは役者さんとスタイリストさんの仕事ぶりに加え、舞台が現代の日本であるという事も大きいかも???髪型や衣装もオリジナルに凄く近いのに仮装っぽく見えないので、実写のコンテンツが苦手なおにいさんでも楽しんでプレイする事が出来ましたゾ〜〜〜☆☆☆(*≧m≦*)☆☆☆
但し!ライザラーの夏井さんだけはオリジナルモードとドラマモードで全くの別人が登場するという事にツッコミを入れてはいけませんヨっっっっっっっ( ^▽^)σ)~O~)☆☆☆

期待!期待!超☆期待の追加シナリオも大いに!楽しませて頂きましたッッッッッッッ!!!!!(・∀・)!!!!!
リメイク元で続きが作れそうだな〜♪♪♪と思っていたシナリオに、大変!ナイスなオチが付いて本ッッッッッッッ当!に良かったです('◇')ゞ☆☆☆
ですが、地球をこっそり侵略中のエイリアンとして一言言わせて頂きたいッッッッッッッ!『政府の陰謀ルート 解明編』に異星人成分が全然!足りておりませんよッッッッッッッ!と!!!!!(●`ε´●)!!!!!
角川ゲームスさんは宇宙からの使者の存在をどこまで隠蔽する気なのですか!!!!?????おにいさんは某社の科学アドベンチャーシリーズの様な展開を勝手に想像しておりましたのに……………でも!まさかの超☆展開オチも面白かったからこれでよし!行くゾっ!プロジェクト ルートレター!!!!!(^人^)!!!!!

さ〜〜〜てさてさて!おにいさん、勢いに乗って今から出雲のUFO研究所にお邪魔しちゃおうかな〜〜〜(σ・∀・)σ☆☆☆
実際のエイリアンがお邪魔します(byまみれた!名曲だヨ!)を歌いながらノッリノリ♪で登場したら、盛田と須賀利はどう思いますかな???瑪瑙台付きのうさぎの置物を持っていなくても研究所に入れてくれますかな???ワックワク☆と!ドッキドキ☆が、止まりませんナァ〜〜〜〜〜♪♪♪〜( ̄ε ̄)
……………実は盛田と須賀利はUFOの存在を信じていないのではなイカ???と思い込んでいるのはおにいさんだけでいいゾ!!!!!(`・ω・´)!!!!!

…………そうそう!所々にUFOネタが飛び出す本作ですが、神秘の国島根県では意外にUFOの目撃情報が少ないらしいという事を親愛なるブラザーの皆様にお知らせしておきたいッッッッッッッ!!!!!(*´д`*)!!!!!
UFOどころか本物の異星人に会ってみたい!一緒に『ぷよぷよ通』や『ときめきメモリアル 対戦とっかえだま』で対戦してみたい!というブラザーは、作中に登場するUFOの便箋とエイリアンの便箋を使ってお手紙を書き、近場のポストに投函してみましょう!おにいさんのお友達エイリアンのはいよるこんとん氏があなたを迎えに来てくれる筈ですよ!!!!!(*^▽^*)!!!!!

島根県全域を舞台にした続編の制作発表に続き、ハリウッドでの映画化や中国での映像化も決定し、島根を飛び出して広がり続ける『√Letter』の世界ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
☆Yellow Brother Cafe☆では『√Letter』をこれからも全力で応援して参りますので、ゲームの続編に関する新たな情報などをキャッチ出来次第、親愛なるブラザーの皆様に真っ先にお伝えしたいと思いますッッッッッッッε=ヾ(*~▽~)ノ♪♪♪
posted by きいろいおにいさん at 21:46| Comment(0) | トロフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする