2018年08月08日

V系のお話その60☆the Raid. 原点回帰〜なんばHatchへの道〜 〜TOUR FINAL〜7周年記念ワンマン〜

おはようございますっ!
こちらの記事のタイトルに、妙に『〜』が多いことが気になって気になって仕方がないきいろいおにいさんです。
こちらの記事をお読み頂いている親愛なるブラザーの皆様は〜を見て何を連想されますでしょうか???

さて本題です( ^-^)_旦〜
去る2018年の7月27日、我らが『the Raid.』が結成七年目を迎えるこの記念すべき日に、今までにない規模の大きな会場でのワンマンライブを成功させるべく大ハッスルしている彼らを応援すべく、大阪は湊町にお邪魔して参りました!
the Raid.が奏でる素晴らしい音楽と、彼らを全力で応援するレイダーズ達の歓喜の声が一体となった最高のライブを、簡単なものとなってしまいますがレポートさせて頂きますのでご覧下さい。どうぞ!

the Raid.
原点回帰〜なんばHatchへの道〜 〜TOUR FINAL〜7周年記念ワンマン〜
2018.07.27 なんばhatch

SET LIST(公式Twitterより)
あそびめ
籠女唄
JUDGEMENT
Alice.
色彩モノクローム
レゾン・デートル
Innocent Blue
Ray
弱虫モンスター
純潔ピラニア
泡姫
病んでる君に贈る歌
Re:born
未完成レプリカ
きみまち坂
鍵穴
似非シンデレラ

黒薔薇輪舞曲
star drop
〜0〜
wish
over
TSUBASA
BLUE
My Dear

M
7月27日
虹色farewell
カルペ・ディエム
言い訳DREAMER

今回のライブのテーマは“タイムリープ”ステージは和風な『籠女唄』仕様のセットで、上部のモニターにPVなどの映像が流れる豪華な造りです。
冒頭から早速、我らが一陽氏がうっかりドラムセットの一部を壊してしまうというトラブルもありましたが、いつものテンションで乗り切り、ライブは滞りなく進行、由羽氏加入〜テンシ氏加入〜現在と、バラエティ豊かな楽曲が年代別に演奏され、本編はthe Raid.の七年間の歴史を追体験する内容となりました。

一度目のアンコールでは懐かしの楽曲をメドレーで披露、初期の楽曲をご存じない可能性がある最近レイダーズになられた方へ向けての配慮として各曲一〜二分前後のサイズに抑えられており、短い時間でかなり沢山の曲を聴くことが出来ました。
本日は恐らく初めてthe Raid.のライブに来られたという方も沢山参戦されていたと思われますが、各曲一番のみ位の長さでしたので、フリやノリ方が分からなくとも楽しめたのではないでしょうか(*´▽`*)

お馴染みのMCではメンバーからの謝辞も公開、その中では「ドスコイ!」の掛け声でお馴染みのV系界が誇る横綱級ギタリスト、我らがbo_ya氏のお話が一番印象に残りました。
バンドマンのギャ男時代の思い出話に外れなし。かつて“ナイトメア”や“the Gazette”などの大御所V系バンドに憧れた少年であったbo_ya氏が、紆余曲折を経て、この大舞台に立っていると思うと感慨深いですよね。
そんなbo_ya氏ですが、体型はともかくとして、ギターの腕前も作詞・作曲能力+画力も横綱級、これからのV系界を背負って立つギタリストの一人ですので、他盤のギャさん、ギャ男さん達、はたまた同じフィールドで活動するバンドマンの皆様にも注目して頂きたい人物でございます。

また、一度目、二度目のアンコールの間に嬉しい告知もあり会場中に黄色い歓声が飛び交っておりました。
告知について詳しく書くと長くなりますので、気になる情報は公式HPや公式Twitterをチェックして下さいね。

二度目のアンコールでは星七氏のお母様に向けた楽曲である『M』を初披露、実は今までのライブで一度も演奏されたことがなく、今は手に入れることが不可能となっているという、大変貴重な一曲。お母様想いの星七氏の強い気持ちが伝わる楽曲です。
星七氏はMCの段階で涙を流しておられました………。

続いて披露された『虹色farewell』では天井から大きな紅白の風船が降り注ぎ、会場内はお祭り騒ぎにΣ(・ω・ノ)ノ!
最後はスピード感溢れる人気の楽曲『言い訳DREAMER』で締め、楽しい楽しいライブは幕引きとなりました。

夢の様な三時間を過ごす事が出来た2018年の7月27日、本命麺不在につき鬱屈とした日々を過ごしていた私の心に掛かった靄を晴らすような素晴らしいライブを見せてくれたthe Raid.には感謝の気持ちでいっぱいです。
今回のライブから間髪入れずに始まった次のツアーも、ツアーファイナルも、間に挟まるインストも、近場を中心に可能な限りついて行こうと思います。
posted by きいろいおにいさん at 07:00| V系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする