2018年09月22日

プラチナさん27個目☆花咲くまにまに(PSV)(記事数調整用)

※こちらの記事は2016年の5/31にアップさせて頂いた記事の再掲載版です。
今までよりもっとご覧頂きやすいブログにするべく、トロフィー記事の一覧を作成する予定がございますので、記事数を調整する為に公開させて頂いております。

タイムスリップ+遊郭物の乙女ゲーです♪
遊郭が舞台ですがいかがわしい要素はほぼありませんので、潔癖気味なきいろいおにいさんも安心の一本(`△´)
redjuiceさんの美麗なイラストを堪能したいのと、作業を含むゲームはVitaTVでプレイした方がやりやすいので今回はVitaTVでプレイしています。

PS3版とPSVita版がありますがトロフィーは別ですので、初めてプレイされる方は追加要素のあるPSVita版を読み進め、PS3版はスキップすると良いでしょう(≧ω≦)b

パラメータ上げ・ミニゲームなどの作業があり、トロフィーにも関係していますが、スキルは特に必要ありません。
音ゲー未経験の方には一番の鬼門になりそうなリズムゲームがありますが、ミニゲームのトロフィーは評価は関係なくクリアするだけで取れていたかと思いますし、パラメータ関係のトロフィーは数値が累計されている様なのでエンディングを回収していく過程で取れる筈です(うろ覚え)

全てのエンディングと外伝を見終わる頃にはプラチナさんがゲット出来ているかと思われます。
プレイしたのが去年の事ですので記憶が曖昧で申し訳ありません(つд`)

オススメの攻略順は、宝良→辰義→白玖→和助→楓です。
最初に共通バッドエンドも見ておきましょう('◇')
キャラ毎にベスト・ノーマル・バッドと三種類のエンディングがありますが、バッドエンドがキャラによってはショッキングな終わり方をする場合がある為、バッドから回収していくとベストエンドをより幸せな気持ちで迎えられるかと思います(*´д`*)

一般的には白玖さん辺りが人気なのかな?と思うのですが、おにいさんは藤重さんとこの兄弟がお気に入りです(*'-')
攻略対象も万珠屋のみんなも大好きだけど、一番を決めるならやっぱり辰義君かな(-_☆)
二次元のツンツン男子を攻略するのは楽しすぎます!
辰義君のバッドは必見ですよ( ̄ー+ ̄)
ネタバレはいけないので詳しくは書けませんが、酷い話なんだけどある意味幸せな終わり方の様に思います。

シナリオは和助さんルートが一番面白かったです。
終盤はドキドキが止まりませんでしたよ(;゜O゜)
ベストエンドもまさかの展開でおにいさんびっくりしました!
このエンディングの続きが見たいが為にFDを熱望しております(*`Д´)

現行機でプレイ出来る乙女ゲーの中でもシナリオの完成度が高く、オススメの一本!!!
共通が長いのとミニゲームなどを挟む為、総プレイ時間は長くなりがちですが、ブーストしないで楽しんで頂きたいタイトルです(~▽~@)
posted by きいろいおにいさん at 07:00| トロフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

プラチナさん31個目☆'&' - 空の向こうで咲きますように -(PSV)(記事数調整用)

※こちらの記事は2016年の6/2にアップさせて頂いた記事の再掲載版です。
今までよりもっとご覧頂きやすいブログにするべく、トロフィー記事の一覧を作成する予定がございますので、記事数を調整する為に公開させて頂いております。

不思議な道具を巡る仲良しグループの夏休みの冒険がテーマのギャルゲーです♪

PSVita版とPS3版は内容は全く同じですがトロフィーは別ですので、おにいさんはPS3版を読み進めてVita版をフルスキップしています。
わざわざスキップしなくてもクロスセーブでプラチナさんが取れていたんじゃないかと思いますが、OPとEDが凄く良かったのと絵柄がおにいさん好みなので、据え置き機で別のゲームを遊びながら高速で流れていく画面を見ていた事を思い出しながらこの記事を書いています(*'-')

全員分のエンディングを見てCG等とシナリオセレクトが全て埋まった時点でプラチナさんが獲得出来ていたかと思いますが、テキスト量が多くオールクリアまで結構時間が掛かりましたので、今からプレイされる方にはボタン一つで簡単にスリープ出来るPSVita版をオススメします('◇')
機動時間やプレイ時間に関する実績がありますが、トロフィーには関係ありませんので忙しい方でも安心ですね('∇')

攻略制限がありますので、梨子→束沙→摩樹→八重→→麗→星良→珠璃の順番に攻略するとスムーズに終われるかと思います。
ちなみに、男の娘が攻略出来るゲームをプレイしたのはこの時が初めてです。

男の娘はいいぞ。
女装後と女装前で二度美味しいぞヽ(゜▽、゜)ノ
と、30代の女形V系麺が次々女形を辞めていく現状を憂いながらもう一度言わせて頂きます。
男の娘はいいぞ(`・ω・´)

ヒロインズはどの子も個性的で可愛いのですが、おにいさんは特に摩樹ちゃんと梨子ママがお気に入り(*≧m≦*)
相変わらず家庭的なキャラに惹かれるきいろいおにいさんなのです(〃▽〃)

主人公達の行動で実績や白地図が埋まっていくので思いっきり冒険している気分にさせてくれるのも大きなポイント、物語の真相に辿り付くまでが少し長いのですが真相に関係のないルートも読み応えがありますので、プラチナさんゲットまで楽しんでプレイ出来るかと思います♪

同じメーカーさんのるいは智を呼ぶも早くプレイせねばっ┌( ・_・)┘
posted by きいろいおにいさん at 07:00| トロフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

プラチナさん139個目☆CharadeManiacs(PSV)

近未来を舞台にしたサスペンス+デスゲーム風味の乙女ゲーです♪
摩訶不思議な異世界からの帰還を目指しつつ、魅力的な攻略対象達と共同生活をしながら、二人の裏切り者を見つけ出しましょう(σ・∀・)σ☆☆☆

オススメの攻略順は、真相から遠い順に、萬城トモセ→明瀬キョウヤ→獲端ケイト→茅ヶ裂マモル→双巳リョウイチ→射落ミズキ→凝部ソウタ→陀宰メイ→廃寺タクミ→真相ルートです('◇')ゞ
こちらの順番がベストかどうかは怪しいところですが、大きな秘密を抱えているキャラクターは後半に回しておりますので、自然な感じで物語の真相が見えてくるのではないでしょうかヾ(^▽^)ノ
全てのルートを攻略して、タイトル画面のRECORDからFLOWCHARTを選択し、ヒロイン目線と攻略対象目線のショートエピソード(9・12・15・18・21・24・27・30・33)を一通り読んでプラチナさんゲットです!!!!!('∇')!!!!!

裏切り者を見つけ出して元の世界に帰還する事が大きな目的となりますが、どのキャラクターも満遍なく怪しいですし、皆それぞれ周りにバレてしまうとよろしくない秘密を持っておりますので、どちらのルートもクライマックス感満載でございましたっ(*≧m≦*)

癖のある攻略対象が多数登場する本作の中で、おにいさんのお気に入りのキャラクターは……………どなたでしょう???(゜o゜)???
正直、全員好き!大☆大☆大好き!と言わせて頂きたい所なのですが、特にお気に入りなのは、やはりミズキさんでしょうか(*´д`*)
物語上のネタバレに触れてしまいますので彼について多くを語ることは出来ませんが、見目麗しいそのお姿は勿論、立ち振る舞いや言動にお声、その全てにキュン☆と来てしまいましたッッッッッッッ!!!!!(☆▽☆ )!!!!!
特にスーツ姿の破壊力は異常!異常でございますからして!赤面必至の爆弾発言にも萌え転がりまくりましたヨ〜〜〜O(><;)(;><)O
2018年に発売された乙女ゲーの攻略対象さんの中では、おにいさんにとって一番のイイ男かもしれませんッッッッッッッ( ゜∇^)♪♪♪

あまりにハマり過ぎて、プラチナさんをゲットした後、非常に心地良い余韻に浸ることが出来ました本作、早くもFDの制作やPS4さんとNintendoSwitchさんへの移植に期待がかかりますね!!!!!(`・ω・´)!!!!!

以下で本作における最大の謎(?)について少し語らせて頂きましたっ('◇')ゞ
とあるキャラクターについてのネタバレを含む内容となっておりますので、全てのエンディングをご覧になられた方のみスクロールをお願い致しま〜〜〜す(^人^)















結局、全てのルートをクリアしても判明しなかったミズキさんの性別ですが、おにいさんは“男性”だと思っております(`・ω・´)
多く(ほぼ全て?)の乙女ゲーユーザーはヒロインちゃんと男性キャラクターとの恋愛を望んでいるかと思いますし、オトメイトさんもその事は分かっておられるはず、作品の華となる攻略(恋愛)対象に女性キャラクターを混ぜることは考え辛いです(´ー`)

他社の作品も含めて、稀に女性キャラクターとの友情ルート的なものがある場合がございますが、本作のヒヨリちゃんとミズキさんのルートは男女の恋愛そのものでしたし、ミズキさん自身の華奢な見た目を抜きにして考えると、言動や行動はかなり男性的に見えます(p_-)
あのエンディングの続きを見ることが出来れば、ミズキさんの性別もハッキリするのでしょうか………(´□`)

メインキャラクターを演じられた声優さんが「男性でも楽しめる」と仰っていた位、良くも悪くも恋愛要素が薄い本作のそういった部分がFDで補完されれば良いのですが(^人^)
posted by きいろいおにいさん at 07:00| トロフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする