2021年11月16日

プラチナさん602個目☆Root Film(PS4)

島根県を舞台にした極上のミステリーが楽しめるサスペンス物のアドベンチャーゲームです♪♪♪
本作は記念すべき!トロフィーさんをコンプリートした800本目のタイトルでございますヨ〜〜〜〜〜い!!!!!(*´▽`*)!!!!!

同じメーカーさんが制作された『ルートレター』及び『ルートレター ラストアンサー』の関連作品にあたる本作では、ルートレターのキャストさんの一部やキャラクターデザインを担当された『箕星太朗』氏が続投していたり、BGMの一部が流用されておりますので、お先に!ルートレターをプレイしておくとそういった部分に気が付けて面白いですねぇ( ^^) _旦~~
キャラクターの台詞や諸々の表現などからルートレターとの繋がりを感じさせる部分も多いのですが、本作とルートレター及びルートレター ラストアンサーのストーリーは繋がっていない為、本作からプレイし始めても全然!だいじょうぶだぁヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

本作は映像作家である『八雲MAX』こと『八雲凛太郎』氏とその仲間達を探偵役としたミステリー物で、前作のぶっ飛んだ内容とは正反対の正統派のサスペンスという事に良い意味で驚きましたヨっっっっっっっ!!!!!(*^。^*)!!!!!
作中では事件の調査の段階で犯人が誰か見当がついてしまう場合が多く、推理パートは答え合わせの様な内容でありますが、その仕様のお陰で推理要素が苦手なユーザーでもプレイしやすくなっている!と思いましたナァ(=゚ω゚)ノ☆☆☆

また、ルートレターでは松江市と出雲市が物語の舞台となっておりましたが、今回は移動できる範囲もぐぐっ!と増え、観光の要素も大いに楽しめたねぇ!!!!!(*´▽`*)!!!!!
箕星太朗氏のアニメ風なタッチで描かれたキャラクターと島根県の風景は作品の雰囲気と見事に!マッチしておりましたな♪♪♪ヾ(@⌒ー⌒@)ノ♪♪♪
キャラクターと背景の見せ方が巧みな独特のグラフィックも素晴らしかったですね!ノベルゲームにおけるスチルが立ち絵感覚でバンバン出てくる様な感覚を味わえましたヨ〜〜〜〜〜!!!!!(^◇^)!!!!!

時限要素である『しまねっこ』と『ネゴシックス』のイベント&『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』からのゲストキャラクターのイベントを回収しつつ、全ての『MAXモード』で敗北→コンティニューしてパーフェクトで勝利!という方法でゲームを進めていけば全シナリオをクリアすると同時にプラチナさんを獲得!出来ます!所要時間は10〜15時間ほどでしょうかッッッッッッッ!!!!!(^J^)!!!!!
MAXモードで敗北した際には直前からコンティニュー出来ますので、セーブをする必要はありませぬ(@_@)

本作では、実力派の声優グループである『i☆Ris』がメイン及びサブキャラクターのキャストとして起用され、エンディングテーマの歌唱も彼女らが担当しておりマッスルね!!!!!(*´ω`*)!!!!!
割と長いこと色々なアニメ等で彼女達の声を聞いておりまするので、今回、i☆Risが一気に!全員!起用された事は非常に!嬉しく!思いますナァ(*ノωノ)♪♪♪
『芹澤優』さんが演じるメインキャラクターの一人である『曲愛音』ちゃんは、滅茶苦茶!はまり役でしたのう!!!!!(゚∀゚)!!!!!

『Root Film』も、ルートレターも『角川ゲームミステリー』に連なる作品ですが、『角川ゲームミステリー女優』を演じる声優さんの中では今回、我らが!『井上喜久子』さんが欠席だった様な………???????
次回作ではあの!超☆癒し系ボイスを拝聴出来れば良いですなッッッッッッッ(^_-)-☆☆☆

二作+αと島根県が舞台の作品が続いておりますが、お次の舞台はどこになるのでしょうか???(゚∀゚)???
いずれ制作が発表されるであろう次回作も楽しみ!ですね〜〜〜〜〜!!!!!(*^-^*)!!!!!
posted by きいろいおにいさん at 19:00| Comment(0) | トロフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする